忍者ブログ

歌王子の邂逅帳

なりきりチャット「がぁらないとシネマ」HN、ジュニィの日記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

灯火に願いを

そのカンテラは「願いごとを、ひとりにつきひとつだけ叶えてくれる」んだそうだ。

大きな力を持った誰かが、流れ星の力を封じたというカンテラ。
あるとき、そのカンテラを偶然手にした男の話がある。
ほんの拍子に「おまえなんか消えてしまえ」と、カンテラの前で口に出したばっかりに、愛する人を失ってしまった男の話。

男は嘆き悲しんだ。
過ちを悔いて、彼女をどんなに愛してるか悟って、その後も諦めきれず、カンテラを持って色んな場所を旅して回る。願いの叶うカンテラの力、その話を聴いてなお、自らの願いよりも男の願いが叶うことを望み、カンテラにそれを願って、その男を愛する人を失った悲しみから解き放つことができる者を探して。

いくつ星が流れたか、それも正確にはわからないくらい時が経って、やがて男はがぁらの街から砂漠を越えた先、城塞の都に辿り着く。
そこで男は、ようやっと、自らの手で下ろしてしまった長い夜のカーテンを、開けてくれる人物と出会った。

銀色の髪をした、セラ。セレスティアという名の青年。
彼はカンテラに、男の愛する人が帰ってくるようにと願って…、

願いは叶った。
既に人生がひとまわり以上終わるくらいに時は経っていて、それでも後悔という枷に縛られていた男が、ようやく解放された。
愛する人が待っている天へ、朝の陽光と一緒に上っていったんだ。


大事な人の幸せを、という自分の願いを横に置いてカンテラへ願ったセラに、男は商人として、赤い宝石のあしらわれたブローチを残した。
きっと、彼からの感謝の気持ちなんだろう。

彼が今までの悲しみと苦しみと後悔から解放されて、ゆっくり眠れることを、心から祈りたいと思う。

■城塞の都・都のバザールにて■
(セラ、願い、灯火)

ちなみに俺には、羽根の形をあしらった、ちょっと珍しい細工の留め金をくれた。
それから俺もセラの次に、彼が消えてもまだ残ってたカンテラ(彼が消えると一緒に、その姿はぼろぼろに錆びたものになってたけど)に願いごとをしたんだ。

このカンテラも、もう誰かの願いを叶える魔法から解放されるように。
長いこと、色んな願いを叶え続けてきっと疲れただろう、これからこの子もゆっくり、普通のカンテラとして休むことができるように。

叶ったかどうか確かめてないけど…、
ま、そのうち「明日の朝飯にパンが食べたい」ってでも、願いをかけてみようかな。


灯火には願わなかったけど、セラの願いも報われますように。
……そういえば、俺にも真先に頭に思い描けた願いがあったけど、
ずいぶん長いこと、それを口にはしてないような気がした。

さて、竪琴を練習しようか。


<入手品>
【羽根細工の留め金】
【錆びたカンテラ】

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

[05/11 ジュニィ]
[05/10 ヘィト]
[06/02 ジュニィ]
[05/27 ヴィア]

最新TB

プロフィール

HN:
ジュニィ
性別:
男性
職業:
歌唄い

ブログ内検索

Copyright © 歌王子の邂逅帳 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]